転職を考えるテニスコーチが「今」とるべき行動とは?

日本政府が「働き方改革」を掲げるようになってから、働き方について考える企業や人が多くなってきました。

 

週休3日制の導入や残業短縮など様々な取り組みがニュース等でも積極的に取り上げられています。

 

人生において仕事の比重が大きい日本の現代社会では、働き方を問うことは生き方を問うことに匹敵するのです。

 

僕はこれまでにもテニスコーチの低賃金かつ長時間労働の問題について様々な意見を発信してきました。

 

しかし、スポーツ業界はいまだにアンチビジネスの体育的な思想が根強く残っているため、構造全体を変えるためには莫大な時間がかかるだろうと思っています。

 

もちろん、それはテニス業界でも同じです。

 

安い賃金で大した保障がなくても働く人がいるうちは、基本的に労働環境が変わることはありません。

 

現状で働き手がいるなら給料も勤務時間も変える必要がありませんからね。

 

だから、「もう少し自由な時間が欲しい!」とか「もう少しお金を稼ぎたい!」という人は、テニスコーチ以外の仕事に転職するという選択も大いに有りだと思うのです。

 

大した学歴もないし、社会経験もないのに転職して上手くやっていけるのかな…。

 

と尻込みする必要は全くありません。

 

このページでは、そんなテニスコーチからの転職を考えている人への提言と転職するなら登録必須のおすすめサービスをいくつか紹介します。

 

「テニスコーチが転職なんて出来るの!?」と思っているあなたへ

 

僕は、専門学校卒や高校卒のテニスコーチであっても問題なく転職出来ると思っています。

 

なぜなら、企業側には「こんな人材を中途採用したい」というはっきりとしたニーズがあるので、それが自分に合っていれば学歴や職業や肩書きはほぼ関係ないからです。

 

これは、決して「綺麗事」ではなく「事実」です。

 

就職や転職はパズルと一緒です。

 

「企業側が採用したい人材=今現在空いているピース」であり、その形に合った人しか必要とされません。

 

大手企業の社員だろうが、どこかの役員だろうが、優れた技術者だろうが、他に当てはまるピースが空いていなければ転職することはできないのです。

 

シンプルに考えれば当たり前のことですよね?

 

だから、「テニスコーチだから転職できない…。」ということは全くないのです。

 

仕事柄様々な職種の役員さんにお会いしますが、「猫の手も借りたい」ほど人手不足で困っている会社は数多くあります。

 

だから、今こそ転職するチャンスなのだと思うのです。

 

転職を考えているテニスコーチは登録必須のおすすめ転職サポートサービス

 

もし、テニスコーチの戯言やこのページを読んで少しでも転職を考えようと思ったなら、今必ず以下の転職サポートサービスに登録しておきましょう。

 

なぜなら、「本気で転職したい!」と思った時に動き始めたのでは遅いからです。

 

早めに自分の興味ある業界や職種の中途採用求人の情報を収集しておけば、選択肢も広がり転職成功率も高まります。

 

先にも述べたように、転職は「タイミング」です。

 

自分に合う企業側の人材ニーズを逃さないためにも今のうちから様々な情報に触れておくことが重要なのです。

 

また、転職サポートサービスによって求人情報も異なる部分があるので、以下の複数のサービスに登録しておきましょう。

 

 

・ 10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

キャリコネは企業についてのリアルな口コミを集めた情報サイトです。その会社で働いている人しか分かりえない、年収や労働時間、人間関係についても事細かに記載されています。口コミの信ぴょう性についてもこだわり、企業に有利・不利問わず真実を伝える努力をしています。また、大手転職サイトと提携しているため、豊富な求人情報を得ることが可能です。

 

首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

マイナビは、みなさんご存じの通りアルバイト・就職・転職などの人材関連事業に力を入れる大きな会社です。特にここで紹介する「マイナビエージェント」は業種別にキャリアコンサルタントが付くなどサポートが充実しています。大手の持つ膨大な実績と安心感は他にはマネできない部分でしょう。

 

 第二新卒ナビ

第二新卒ナビは、在籍するキャリアカウンセラー全員が第二新卒での就職もしくは転職経験のある人で構成された日本唯一の会社です。内定率の高さはもちろんのこと、入社後の職場への定着率93%は驚きを隠せません。高卒以上の20代なら第二新卒ナビは必ず利用すべきです。

 

転職を考えているテニスコーチへ最後に伝えたいこと。

 

「テニスコーチだから…。」といって絶対に行動せずに諦めてはいけません。

 

正直、学歴や職歴で人の能力は評価できません。出来る人は出来るし、出来ない人は出来ませんからね。

 

まずはそれぞれのサービスで無料カウンセリングだけでも受けてみると良いと思います。

 

そうすれば、自分の可能性を狭めているのは自分だということに気付くはずです。

 

自分の幸せを最大化するためには、自分に素直でいなくてはいけません。

 

未来のを変えるのは今の行動でしかないのです。

 

転職は厳しい現実をあなたに突き付けてくるかもしれません。

 

それでも転職が成功したときの喜びを想像し続けて下さい。

 

きっとその想像がいい未来を創造するエネルギーになるはずです。

 

では、またどこかでお会いしましょう。

RETURN TOP